Home

クヌギ 樹液

樹液について みんなのひろば 日本植物生理学

樹液について. 夏になるとカブトムシなどが集まるコナラやクヌギの樹液について、教えていただけないでしょうか。. 1.樹液は、木の中に住む虫などがつけた傷からしみ出した糖分が、微生物の働きによって発酵したものだということですが、発酵前の. 根元が瘤状になって樹液が出ているクヌギ

クヌギの樹液に集まる カブトムシ、クロカナブン

クヌギの木では、ボクトウガという「ガ」や、シロスジカミキリの幼虫が樹液を出させていました クヌギの樹液は、多くはボクトウガという蛾の幼虫が木の内部を食い荒らす事によって出るそうですよ。幼虫は、出た樹液を求めて集まった昆虫を捕って食べるといった肉食性だそうです。 カミキリの幼虫もある程度は出すそうですが、食い荒らす深さ クヌギの樹液を見つけよう クヌギの樹液を見つけよう クヌギだからといって、どんなクヌギにもカブトムシがくるわけではないぞ。「樹液」が出ているかどうかがポイントなんだ。 たいていのクヌギは、太くまっすぐで、表面に傷もない。それ

同じくクヌギの樹液:白っぽい所が樹液が煮詰まっている箇所 また台場クヌギと呼ばれるゴツゴツといびつな形をしたクヌギは、人の手で伐採~成長~伐採と繰り返した為、いびつな形になり、木の穴(ウロ)が出来ている事も多く、オオクワガタやヒラタクワガタの格好の住処ともなって. 樹液はおいしいの?. 質問者 あゆむくん. 放送日 2019年1月4日 (金) さとうあゆむくん (小学校4年生・福島県)からの質問. 昆虫の久留飛克明先生が.

樹液ってどうしてでているんだろう?って思うことありませんか。実は昆虫たちが集まる樹液。木は違うけれど、ヒトも樹液を利用しているんです。そんな樹液を理解して、自然の仕組みを学んでみませんか?この記事では樹液の出る仕組み、その利用方法について紹介しています 蝶やカナブンも同じ樹液を好みます ので、昼間活動している、それらが集まる木を見つけておいて、日が暮れたら行ってみるのです。 これらの木の樹液は発酵すると、 お酢のようなにおい がしますので、それも目安になるので、樹液が出ている木を探してください 非常に深いウロを持ち、樹液も良くだすらしい。クヌギ・コナラに次ぐ第3の採集樹として、個人的に一番注目している樹種のひとつだ。(右の写真も同じ) よく「マスクメロンのような」と表現される網目模様の樹皮が良く目立つ. クヌギは樹液 を出す力が非常に強く、集まってくる昆虫の数がとても多いんです。 栗、アベマキ、コナラ からも樹液が出ますが、クヌギと比べるとやはり影が薄くなってしまいます 。 なので当然 クヌギをメインに探した方が.

クヌギの樹皮や新芽を使って赤紫色に染めた衣服は「橡染め(つるばみぞめ)」といい、古代には身分の低い者や若年者が身にまとった。樹液は言わずと知れたカブトムシやクワガタの大好物である。 【クヌギの育て方のポイント 同じくクヌギの樹液。 白っぽい所が樹液が煮詰まっている箇所 また台場クヌギと呼ばれるゴツゴツといびつな形をしたクヌギは、人の手で伐採~成長~伐採と繰り返した為、いびつな形になり、木の穴(ウロ)が出来ている事も多く、オオクワガタやヒラタクワガタ等の格好の住処ともなって. クヌギ(椚木、学名: Quercus acutissima )は、ブナ科 コナラ属の落葉 高木。山地などに生え、雑木林の景観をつくり出す代表的な樹種としても知られる。樹皮からしみ出す樹液にはカブトムシなどの昆虫がよく集まり、実はドングリとよばれ、材は薪や家具など様々に利用されてきた クワガタ 2021.07.15 クヌギよりクワガタの集まる木【アキニレ】ってどんな木?アキニレ狙いで採集してみた結果やいかに!? どうも、旦那です。 樹液の王様「クヌギ」に引けを取らない「アキニレ」という木をご存じですか クヌギと並び雑木林の代表的な樹木。樹皮はクヌギよりも薄く縦長の割れ目がおおざっぱでやや薄い。萌芽再生能力が高いためかクヌギよりも数が多く、たいていの森や林に生育しています。樹皮が薄いせいか樹液が噴き出しやすく、5月には、甲虫たちの最初の樹液酒場となっている事が多い.

樹齢11年のクヌギ 2011 ( 生物学 ) - ケンヤの里山ビオトープ日記

昆虫採集・昆虫観察ガイド 雑木林の樹液探検入

色々なホームページの採集記に掲載されているクヌギの写真は、みな凄いメクレがあったりウロが出来ていたりと、いかにも樹液ダラダラ・カブクワうじゃうじゃといったものばかりです。 まるで雑木林に行けばあんなクヌギがすぐにでも見つかるような気がしてきますよね 樹液には匂いがあり、その匂いは強烈で遠くまで匂いがとどくだけでなく、クヌギのある雑木林や里山ではまるで、お酒のような発酵した匂いがすることがあります クヌギやコナラはブナ科の落葉広葉樹で、カブトムシやクワガタが集まる木としておなじみです。樹液には強烈な匂いがあり、お酒が発酵したような香りがします。コナラの樹皮はクヌギよりも薄く、樹液があふれ出やすいという特徴がありま

クワガタの樹液採集が大好きです。特に、オオクワガタ、ヒラタクワガタ です。クヌギやニレの大木の洞に潜むクワガタを狙っています。材割はしません。クワガタは、ほとんどキャッチ&リリースです。メスを捕獲することもありません 75 はじめに クヌギやコナラなどの樹液に好んで集まる昆虫類(好 樹液性昆虫)は、チョウ・ガ類や甲虫類はじめ多くの分 類群にわたるが、それらの近年における著しい減少はす でに各方面から指摘されている クワガタムシやカブトムシは、クヌギやコナラの樹液を吸いに来ています。森に入ったら、まず深呼吸をしてみてください。甘酸っぱい匂いがしたら、近くのクヌギやコナラから大好きな樹液が出ている証拠。そこにはクワガタムシやカブトムシ

クヌギから樹液がでるのは、ガの幼虫が幹を傷つけているからです。幹を傷つけることにより、クヌギから樹液が出ます。樹液は、微生物などにより、発酵がすすみ、強烈な匂いをだすようになります。この匂いを目当てに昆虫たちはやってく スズメバチが樹液を吸いにきたときの対処法をお探しですか?樹液には、チョウやカブトムシなどさまざまな虫が集まってきます。昆虫採集や観察の場所として役立ちますが、スズメバチが来てしまうと事情は全く変わります。今回は、スズメバチが樹液を吸いにくる原因と、どんな種類の木を. クヌギの樹液を吸うゴマダラチョウ の動画です カブトムシのいる木を見分けて、上手に捕まえてみましょう! ここではカブトムシの捕まえ方のコツを紹介。まずは採集に必要な道具&服装、そしてカブトムシが好きな(樹液を出す)クヌギやコナラなど、木の種類の見分け方・探し方をお教えします

樹液痕がもの凄い爆烈クヌギです! 右側のクヌギ爆烈していますね。 10mほど先にありカメラでズームして写真を撮りました。 お~こんな所にも爆烈クヌギです。 中央の洞がいい感じのクヌギです。 捲れが素晴らしいクヌギです いい. すごいぞ!クヌギの樹液パワー 錦町立一武小学校 6年 岡村 茜里 1 研究の目的 家の近くの雑木林には樹液が出て昆虫などが集まっているものがあった。そこで、私はそ の樹液とそこに集まる昆虫などに興味を持ったので、次の5つについて調べてみた 樹液が出始めている場所にスズメバチの仲間たちも集まるように・・・。 2010/5/10 8時頃 2010/5/11 8時頃 完璧なな樹液酒場のできあがりです。ただ、クヌギとは違いオープン期間は短いです。樹木の自己修復機能が働き傷がすぐ 樹液の成分から、人工樹液・バナナトラップとの関連を考える. カブトムシやクワガタがクヌギの樹液を飲んでいる、ということは子どもにも知られています。. 樹液の大切さはよく知られているにも関わらず、「樹液に何が含まれているか」はほとんど知ら.

昆虫が群がる木が見つけられない理由|樹液を出すクヌギの

昆虫シリーズ⑫ 樹液に集まるチョウの仲間その1 昼間の樹液に集まるチョウの仲間 樹液は、クヌギ、コナラ、ミズナラ、クリなどの幹に昆虫などが傷つけた所から出る。ボクトウガというガの幼虫は、樹液に集まる昆虫を食べるために木を内部から傷つけて樹液を出す 古くて太いクヌギやコナラからしみ出す樹液は、昆虫たちのレストラン。昆虫探検隊にとっても、絶好の観察ポイントです。 樹液は、林の奥深いところよりも、かえって、林のへりにある大きな木からしみだしていることが多いことも知ってお 1.「樹液を出す木」は樹木に覆われた薄暗い森より、開けた高台や川辺に多い (1)クヌギ等の広葉樹木に覆われた里山であっても、山を登っていく途中のうす暗い道筋には「樹液を出す木」はほとんどない。明るい日差しが入る道

そのクヌギを見るために行ったはずだった 採集はクワガタの活動する夜間。 上記のクヌギに向かった。 予想していた通り樹液がダラダラと垂れ、多くの昆虫が樹液に集まっている クヌギ・コナラが多く樹液が出ている樹も少なくない。 ↑クヌギの樹に来た極小固体。<200> 6・伊丹市 昆陽池公園と猪名川河川敷のみに生息すると思われる。 7・豊岡市 豊かな自然が広がり、コウノトリ甦る里として全国的に有名な. 樹液が出るクヌギ、コナラ、ヤナギ、クリ、シラカシ等を残し、子供が林に入り歩きやすくなる程度 に低木を伐採し、下草及びササを刈ります。 その際、立ち枯れした広葉樹はクワガタムシ類の住み家となるため、残すようにします. クヌギ以外の樹液で捕まえたクワガタ(国内). いよいよ夏休み。. クヌギ林はしばし子供達に譲るとしよう。. で、変わった木でとってみたいなんて思いまして。. えぇ、トラップかけろというのはもっともですが、数はいらんのです。. あっ、「ヤナギで. クヌギはブナ科コナラ属の落葉広葉樹です。直立した幹は高さ15mにもなります。クヌギは、どんぐりの出来る樹木のひとつで、カブトムシ・クワガタといったたくさんの昆虫も集まってきます。樹液には匂いがあり、その匂いは強烈で遠くまで匂いがとどくだけでなく、クヌギのある雑木林や.

クヌギ・・・樹液が出る出ないは、何が原因?? -クワガタ採集

樹液が出ているが虫がいない、樹液が出ている木がない。ほかに昆虫たちが集まる木はないのか? などの悩みが出てきます。 そこで今回はクヌギやコナラの木その他にもカブトムシやクワガタの集まる木の見つけ方や種類などをご紹介しよ カチカチ山のクヌギの木、樹液が出ている所に昆虫達がやって来る。 目に付くのは、スズメバチ、カナブン、それにタテハチョウの類、 しかし、近寄ると種類の違うものや、小さいものも見えてくる クヌギ樹液を撮 シマトネリコとクヌギの樹液の味。 試しになめてみたけどわかんねーw 発酵臭はクヌギの方があるけど、 発酵する前のサラサラ樹液はどっちもオイラの好みじゃねーなw やっぱり梨やスイカの方が好き。 樹液はカブトムシに譲るぜ

まずはクヌギの木を探す! - 子供の科学のwebサイト「コカ

そんなクヌギ・コナラの森には、夏になるとカブトムシやクワガタムシなどの昆虫たちが樹液を求めて集まってきます。ところで、どうして樹木から樹液が出てくるのでしょう? それは木に傷をつける虫がいるから。木に傷がつくと、そこから樹液

クヌギ、コナラを発見したら、樹液がでているかを見ます。 樹液は、樹液の管を虫が散らかしてしまった場合に出るようなので、 みなさんが斧をもって木こりになるのはやめておきましょう! では、樹液が出ていない場合はどうするか? トラップ 我が家のクヌギ樹液。ヒカゲチョウ、カナブンが平和に吸蜜。そこへオオスズメバチがやって来て独り占めです。撮影中にカチカチと威嚇音を. クヌギは、樹皮が暗めの灰褐色をしていて、ひび割れがあります。葉は大きめで、よく見ると縁(ふち)の部分がギザギザしています。 クワガタは、クヌギの木にいるのは有名な話ですけど、クヌギは樹液が多く出るのでクワガタが好む訳で

先生 クヌギなどの樹液に含まれている多糖類(たとうるい)は、お砂糖(さとう)のなかまなので甘(あま)いのよ。カブトムシだけじゃなくて. クヌギの樹液を吸うゴマダラチョウ 虫が集まる木・・・クヌギの幹から樹液がしみ出ている木があれば、カブトムシやクワガタ、チョウ、スズメバチ、甲虫類など、多くの昆虫が樹液を求めて集まってくる。子どもたちにとって、雑木林 年々、樹液が出て、しかもちゃんと発酵していて、樹皮めくれや樹洞のある木が、失われていってますが、探せばまだまだあるんですよね。 1ヶ所でこれだけ居ました。必要でない数はリリースしております。. クヌギやコナラは分かったのに樹液が分からない... 虫取りを普段しない方にとって木の見分けや樹液を見つけることは非常に難しいです。それこそ図鑑に載ってるようなだらだらと流れる樹液であれば発見は簡単ですが、実際の樹液はスポンジに染みた水のようににじんでいることが多いのです

クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木とは? 【クヌギ

樹液はおいしいの?|読む子ども科学電話相談 質問まとめ

  1. 偶然、樹液の甘酸っぱい匂いがする洞のあるクヌギの木を見つけ、双眼鏡で覗いてみるとオオムラサキの雄が樹液を飲んでいました。自然の中で悠然と飛ぶ様子や翅を何度も広げたり閉じたりするオオムラサキを見るのは初めてのこと
  2. クヌギの罪状. 住んでいる宿舎のある5mほどのクヌギで樹液が出て、5月頃からスズメバチが来るようになりました。. まだ女王バチ御自ら来ていたのだと思いますが・・・。. 最近になって、樹液は止まっているようですが、その木にペットボトルを使った.
  3. クヌギ・コナラ以外で樹液が出る木としてはヤナギ(河川敷、湿地、山地に多い。)がある。 大きな川の河川敷にはこのようなヤナギが多い 3月になると周りの木に先駆けて若葉が出てくるので遠くからでも容易にヤナギだとわかる。.
  4. クヌギ樹液に吸汁する を撮影した。 野外棲息個体を目の前に貴重な出会いであった。 2010年 オオムラサキの記録 栃木県佐野市 樹液の出るクヌギ樹幹に飛来する 栃木県佐野市 2010.7.12. 吸汁する 今日 の発生 が見られた 新鮮だ.

近くにクヌギの樹液があっても、カブトムシは見向きもしなくなるほどです。カブトムシはクヌギの樹液を吸うときとは違い、シマトネリコの樹皮を大あごで傷をつけて樹液を出します(写真 2 )。そのため、カブトムシが集まるシマトネリコの樹皮 2020.10.19; 車種別買取価格; クヌギ 樹液 味. すごく甘いクヌギの木だったけども。 その栄養が、そこの樹液からあふれてきて、そ 幼虫はエノキやエゾエノキなどを食べます。 成虫はクヌギやコナラなどの樹液を吸います。 オオムラサキは1957年に日本昆虫学界の手によって日本の国蝶に指定された蝶で、選定の際にはオオムラサキの他にもギフチョウ、ナミアゲハ、ミカドアゲハなどの名があがったと言われています

木が樹液を出すのはなぜ?人も虫も森のめぐみの恩恵に

カブトムシの木 - ブログタイトルが頻繁に変更されたブログ

クワガタ採集の時期と木はクヌギ?コツや雨上がりは? 知っ

  1. クヌギの飼育材は全体的にコナラより柔らかく、芯も少なめである。自然では日当たりのいい林のふちに多く生えている。 ブナ科。クヌギ同様、カブトムシやクワガタがよく採れる木である。ただ樹液の出ている木がクヌギよりも少ないよう
  2. おおっ、確かこのクヌギだよなぁ・・・まだあった!!良かったぁ・・・再会できて・・・ 当時、初めて能勢方面に一人でポイント探索をしていてひょんな事から見つけたこのミニ台場クヌギでいきなりオオクワガタの を樹液採集したのが昨日の事であるかのように脳裏に浮かんできた
  3. 学名:Thyas juno. クヌギの樹液を吸う本種(2012.9.7 静岡県). Data. 和名. ムクゲコノハ. 開張. 約91mm. 分布. 北海道,本州,伊豆諸島,四国,九州,対馬,屋久島,トカラ列島,奄美大島,沖縄島,石垣島,西表島
  4. 樹液クヌギの魅力 クワガタやカブト虫を探していると、樹液の出ているクヌギを見つける事が大切です。 樹液は甘く魅惑的な強烈な匂いで、人間も惹き付けられるのではないでしょうか。 子供の頃嗅いだ経験のある人は記憶に刻まれ、また嗅ぎたくなるようにも思います
  5. クヌギ、コナラなどのコナラ属植物の樹液にオオムラサキ、カブトムシ、クワガタムシ類、スズメバチ類など日本の代表的な大型昆虫が飛来することは広く知られている、しかし、それらの樹液と密接な係わり合いをもって生活しているその他の多様な昆虫とそれらの生活についてはほとんど.

里山と雑木林の遊歩道~小さき者へ~カブトムシの集まる樹を

1つ前の記事「なぜ、クヌギの樹液にカブトムシたちが群がるの?」で、樹液に関するお話をしましたので、今回も樹液に関するお話です。今回は、危険な?樹液についてです何が危険かというと、「触るとかぶれる」 だいたいタブの樹液はどうなの? お酒でいうなら、クヌギの樹液が50 で、タブの樹液は20 ? クヌギのように噴き出したりするわけでもなく、なんとなくにじんでる。 クヌギの噴き出す樹液なら、ヒラタの付く可能性は高いのだろうけど 樹液 オオムラサキ、ゴマダラチョウ、キタテハ、カブトムシ 幹 横浜市 大倉山公園 0202 葉は互生し、葉身は長楕円状披針形で鋭尖頭。縁には針状の鋸歯がある。 クリの葉とよく似ている。クヌギは、裏面主脈上はほとんど無毛、鋸歯 その中でも、先ほどあげた木に樹液を出す木と出さない木があるんです。それは時期や条件によっても変わるのですが、クヌギだからと言ってクワガタやカブトが常にいるわけではないんです。 その樹液を出す木の事を「ご神木」と言って クヌギは樹液を出さないと話になりませんが、タブノキは結構ほとんどの場合樹液を出してくれる樹木だといえるかもです。当方小学校5年生の頃、学校帰りに毎日のようにタブノキを蹴って水牛やらコクワやら採集していましたが、一度だけオ

クヌギの見つけ方 栗・アベマキ・コナラとの違いと特徴を解説

  1. ヤナギの木は、クヌギやコナラよりも洞(木の内部にできた洞窟状の空間)が多いのが特徴です。しかも、ヤナギは樹液が出やすい木です。 クワガタは、木の洞に住んでいますので、洞が多く樹液が出やすいヤナギは、クワガタの格好の住み
  2. クワガタとカブトムシがいる木の種類と樹液集まる理由. カブトムシやクワガタの成虫は 主にエサである樹液を吸うために樹 に集まります。. 代表的な樹木がこちら. クヌギやコナラ、アベマキ、ミズナラ、カシ、クリ. 樹皮が傷つくと樹液が出て、その糖分.
  3. 樹液の不思議. 冬の頃から時々滲み出ていた、クヌギの樹液がある。. 庭の西側にある台場クヌギだ。. 流石に時折、途絶えることもあったが、暖かくなってさらに初夏を迎える頃からはずっと幹を濡らしている。. この一見美味そうな樹液に(しかも樹液の.
  4. しかも、樹液の出る木は一度見つければ・・・ 同じ木で毎年採取できるのだとか! その木は極秘で、誰にも教えないそうです。 ムムムムム!! 小学生のお父さんとしては、とても大事な情報です。 来年こそは、クヌギを覚えて、樹液も見つ
  5. クワガタがいる木は栗の木・桜の木・柳の木だけ?樹液を出す木なら採れる?を調べました。 夏の虫の代表であるクワガタ。大きな顎で他の虫をガッチリ挟み込み放り投げる姿に、カブトムシ以上に魅了される方は多いのではないでしょうか
  6. クヌギは幹に傷が付くとそこに樹液が染み出します。するとここにカブトムシやクワガタがやってきます。またクヌギの葉っぱは腐葉土になりますので、ここにカブトムシ・クワガタの幼虫が成育します。 樹液に集まるのは蛾やカナブンも。あと

クヌギの木を見つけたら、次は樹皮がめくれていて樹液が出ている場所を探します。この2つがセットになっている木が見つかれば、半分クワガタが採れたと言っても過言ではないでしょう。クヌギの木を探す場合は明るい昼間に行います。な 樹液を出している木はクヌギのイメージが強いのですが、他にも色々ありますね。 樹液を出す要素としては、蛾の幼虫があったと記憶しています。クワガタが自分で齧って舐める場合もありますが、庭木程度では、なかなか難しそう. クヌギなどの樹液に集まるオオキスイムシの一種。銅色の金属光沢を持ち、多数の点刻があり、上翅には縦に点刻列があり、2対の黄色い紋がある。クヌギの樹液に見られる。 ホーム > コウチュウ目 > オオキスイムシ科 Tweet ヨツボシ.

クヌギ(椚) - 庭木図鑑 植木ペディ

樹液ってどんな成分なの? 樹液とは、文字の通り時樹木から出る液体のことで、 油脂と糖分の多粘性物質 です。 ①屋外の樹木の樹液 屋外の樹木で樹液を出すものは、 ナラやクヌギなどのブナ科のものやウルシ、マツなど 多くのものがあり、中には樹液に触るとかぶれてしまうものもあります たくさんクヌギがある地帯に来ましたが樹液はからからです。天ヶ瀬北部のクヌギはけっこう樹液を出してたなあ。なんでだろう。普通南の方から樹液を出す木が多くなってくると思うんだけど

柏の葉公園のクヌギ(椚、橡、櫟)の花 - アルママの気まぐれ日記

クヌギやコナラの木は樹液が出やすいです。 特にコナラはある理由から樹液が出やすいです。 詳しくはこちらの記事で解説しています。 ⇒コナラの木の特徴は?樹皮の特徴についても解説 ここではコナラの木の見分け方について解説. で、樹液レストランができるほどのも のは少数派です。山林そのものの開 発や、大きくなる前に伐採されてし まうなどの理由が考えられます。 雑木林のどんぐりとして真っ先に思い浮かべるの が、コナラとクヌギでしょう。どちらも、たくさん 4,416,381 アクセス. フォロワー 79 人. 8月21日、午後2時過ぎに川越市の森のさんぽ道へ行きました。. 蝶の観察が主目的ですが、クヌギの樹液によって来るクワガタムシ、カブトムシ等も観察しました。. *写真はクヌギの樹液に留まっているクワガタムシの♂♀ 樹液にあつまる昆虫たち 2020年7月4日|自然といきもの 【キーワード】夏, 虫, 森 夏の芽ぶきの森には、様々な昆虫の姿がみられます。なかでも、一番のお楽しみといえばコナラやクヌギなどの木から染み出す樹液に集まる昆虫たちではないでしょうか

ヤマトアブコメツキムシ上科_コメツキムシ科_コメツキ亜科_Nipponoelaterカナブン ~ぶんぶく探検隊~

>>72 樹液が出ててカブトやクワガタ居てやったー!\(^_^)/と思ったら目の前の葉っぱに大量のその毛虫が居て撤退した記憶がある 街中の公園の同じ条件で植えられている綺麗なクヌギで 一本だけコブあり樹液あり裂け目あ クヌギやコナラだけではなく、採集の可能性がある広葉樹をこまめにチェックすることが、採集への近道かもしれない。 ワイルド 67ミリ(樹液採集)【採集者】がっちゃん氏 (ad)見える庫内!冬は暖めても使える!冷やし虫家08 【 クヌギと比べて幹の割れ目は荒いよう感じです。葉はクヌギよりも丸みを帯びている。 樹液が出ている木であれば,カブクワに遭遇できる可能性が高いでしょう。 アラカシ カシの木は色々と種類があります。その中でもアラカシはカブクワが好む樹液がでる木になります 時々まとまってクヌギが植えてあったりしますが民家に近く樹液もカラカラです。ちょっと山へ分けいってボコボコクヌギを見つけました。樹液はちょっとだけ出ています。盛夏でノコカブが来る程度かな。このあたりは八女市立花町だそうです。全 ほんの少しですが、樹液に集まる虫たちをご紹介します。 ちなみに、ここで言う樹液とは、コナラやクヌギの樹液です。 まずは、昆虫の王様といっても過言ではないカブトムシ 続いて、カブトムシのライバルとも言える存在クワガ