Home

管理 型 最終 処分 場 廃止 後

最終処分場は、埋立終了後は収入がなくなる一方で、埋立終了後、廃止までの間、必要な維持管理を行わなければならないため、埋立終了後の最終処分場の適正な維持管理を確保するため、最終処分場の設置者に対し、埋立終了後に必要となる維持管理費用をあらかじめ積み立てることを義務づけるもの 管理型最終処分場における埋立終了後の 維持管理期間に関する要因分析 袖野 玲子1・高岡 昌輝2 1正会員 慶應義塾大学准教授 環境情報学部(〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322) E-mail:sodeno@sfc.keio.ac.jp 2正会員 京都大学教授 地球環境学堂(〒615-8540 京都府京都市西京区京都大学桂

管理型最終処分場における埋立終了後の 維持管理期間に関する

処分場事務所にて書面の形で保存が義務づけられている維持管理に関する 記録を処分場廃止までの間、保存します。 最終処分場周縁地下水の 定期水質検査の方法 地下水集排水施設において別紙1「地下水検査項目一覧表」に示す. 最終処分場は、埋立完了後2年以上の観測期間をおいて、浸出水水質、ガスの発生、埋立内部温度、沈下などの廃止基準がクリア出来れば廃止することができ、多面的な跡地利用が可能になります。一方で、人の健康や周辺環境に影響 廃止された最終処分場は、廃棄物処理施設として維持管理を行わなくとも、そのまま であれば璦泯瑧境保全上の問題が璦じるおそれがない状態であるものの、廃止後の最終 処分場跡地において土地の形質変更が行われる場合には地下

最終処分場閉鎖後の管理 - 環境q&A|Eicネッ

  1. 廃棄物最終処分場廃止基準の調査評価方法 平成14年3月 廃棄物学会 廃棄物埋立処理処分研究部会 目 次 執筆者 序 田中信壽(北海道大学大学院工学研究科) 第1章 最終処分場及び廃止基準に関する概説
  2. 最終処分場の閉鎖概念 円滑に最終処分場の閉鎖を行うために z 閉鎖の基準としてあげられるように、速やかに埋立終了が出来るようにしないといけません。そのためには埋立終了~廃止を見据えた維持管理が必要となります
  3. 安定型処分場は廃止後まもなく、管理型では10年程度で跡地利用が開始または検討されるが、遮断型では跡地利用は行われない。これは、将来無害化技術が開発されるまでの一時保管所としての位置づけによる
  4. 廃止基準の法的背景と 廃止判定私案 北海道大学大学院工学研究院 廃棄物処分工学研究室 松藤敏彦 2019年度廃棄物資源循環学会春の研究討論会 セミナーD:廃棄物最終処分場の廃止について 2019年6月5日(埋立処理処分研究部会

新たな管理型産業廃棄物最終処分場の建設についての質疑応答(Q&A)集 平成30年2月1日に開催された第6回の「新たな管理型最終処分場候補地選定委員会」(以 下「候補地選定委員会」という。)において新たな管理型最終処分. ロ 最終処分場における埋立処分の進行状況を3か月に1回以上 一の位置から写真撮影 し,状況を把握しておくこと。 ハ 記録及び写真は,年度ごとに取りまとめ,最終処分場の廃止後も保存しておくこと。 2 遮断型処分場の個別基 管理型廃棄物埋立護岸の遮水シートを用いた遮水工の 健全性評価手法 ¾廃棄物最終処分場を今後とも計画的・安定的に確保することが不可欠 ¾陸上最終処分場の確保が困難 ¾陸上最終処分場における漏水検知システムの普及(環境 2017/06/04 最終処分場にはかならず寿命がおとずれます。それ以上廃棄物が埋め立てられなくなったら、そこを閉鎖しなければいけません。もともと、最終処分場というのは廃止することを前提として建設されるものなのです 第6章 最終処分場による廃棄物の安全化と跡地利用技術 6.1 循環型社会における最終処分場 6.1.1 環境安全な埋立と廃棄物の安定化 6.1.2 最終処分場の構成・構造 6.1.3 埋め立てられる資源化後の残渣 6.2 環境安全のための埋

廃棄物最終処分場の廃止および跡地利用の課題と対策 - Js

安定型・管理型・遮断型の3つの最終処分場と事業計画 収集運搬業の許可申請書を作成する際、最重要の添付書類が事業計画書です。 事業計画書というのは、 どこから排出された廃棄物か どのような性状の廃棄物か 廃棄物の量は どこに搬入するのか について記載した、収集運搬の事業計画を. 2)浸出水処理システム 図2は、管理型最終処分場から生じる浸出水の、一般的な処理フローである。自然流下により埋立地の下部に溜まった浸出水は、ポンプで汲み上げられて浸出水調整池に一時保留される。処理工程は、大きく「前処理」「生物処理」「凝集沈殿処理」「高度処理」「後処理. 4:最終処分場の問題−廃止の条件 Q: 維持管理期間が終わるとどうなるのですか 井上: 「廃止」つまり、更地として使えるようになります。もっともこれには、1)保有水が水処理をしなくてもよい水質になっている、2)内部の温度が. できれば、その後の環境汚染の防止対策を的確に進めることができる。 以上のように、処分場における廃止などの適正管理には、化学物質の挙動をモニタ リングし安定化状況を把握する必要があり、汚染物質の挙動をできれば簡易にかつ 最終処分場浸出液の水質の経年変化* 福井 博**・横山尚秀** キーワード ①最終処分場 ②浸出液 ③経年変化 ④安定化 要旨 神奈川県内には埋立終了後長期間が経過し,廃止段階を迎える最終処分場が数多くある。埋め立てられた.

http://www

大栄環境株式会社による産業廃棄物処理施設(管理型最終処分場)の変更に係る 生活環境影響調査実施計画書(案)の概要 1.事業概要 本件事業概要は、大栄環境株式会社が和泉市平井町に設置している管理型最終処分場を拡張しようとするものである はじめに 「港湾における管理型海面最終処分場の高度利用の手引き(案)」は、平成26年度に東京港の中央防 波堤外側埋立処分場において実施された杭打設試験工事及び、平成 28 年度に尼崎西宮芦屋港の尼崎沖 埋立処分場において. その後、産業廃棄物最終処分場の維持管理から得られる各種知見を集約し、平成22 年3 月に「産業廃棄物最終処分場の環境管理」を発行した。 これらの成果もあり、産業廃棄物最終処分場の維持管理技術は飛躍的に向上し、社会

閉鎖後の最終処分場について - 環境q&A|Eicネッ

  1. 廃棄物最終処分場は埋立が終了した後も維持管理が必要であり、処分場設置者は、廃棄物処理法に基づき、施設の廃止までに必要な維持管理費用を積み立てることとされている。しかし、積立金額の算出に必要な終了から廃止までの期間(以下、維持管理年数という
  2. 参考資料編-1 参考資料編 1.高度利用技術の紹介 管理型海面最終処分場の高度利用を可能とするための対策技術には、埋立終了後の暫定利用及び処分 場廃止後の跡地利用時における対策技術だけでなく、埋立終了前の段階において、護岸構造や埋立工
  3. 安定型最終 処分場 管理型最 終処分場 ・浸出液処理施設の 設置など ・浸透水採取設備の 設置など • 発電事業終了直前に廃止届を提出の上、撤去後にマニフェストを提出する義務 廃棄等費用の積立ての実施率は、低圧の小規模を.

最終処分場に係る維持管理積立金制度について. 1 制度の趣旨. 最終処分場は、埋立終了後も浸出液の処理等の維持管理を長期間にわたり継続して行わなければなりません。. しかし、最終処分場の設置者が倒産等してしまうと、最終処分場の維持管理が適正. 管理型処分場のみ 埋立終了後 の点検 等 埋立終了 維持管理積立金の積立 <休止等> 廃止の確認申請 施設の廃止 <最終処分場以外> 維持管理に関する記録 承継のある場合 最終処分場のみ ※場合によっては条例に基づく手続きが産. 最終処分場の 構造・設備指針及び維持管理指針 平成30年7月 鳥取県生活環境部 循環型社会推進課 最終処分場の構造・設備指針及び維持管理指針 目次 第1 趣

3 管理型海面処分場の埋立竣功後の跡地を早期に利用できるよう、早期安定 化及び利用高度化(暫定利用を含む)の促進を可能とする技術の検討及び手 法の確立をお願いしたい。 【説 明】 管理型海面最終処分場の埋立竣功後の跡地の利用にあたっては、処分場の 処分場および管理型埋立処分場の跡地は早期の利 用は難しい。また、有害な廃棄物を埋め立てた遮 断型処分場は廃止できるが掘削を伴う利用は難し い。なお、廃止基準の規定は、具体的事項がほと んど定められていないの 管理型最終処分場の建設費用 ・セメント改良 8億円 ・処分場造成 23億円 計 34億円(用地買収費5千万円含む) 4.3、検討結果 従来の既設処分場への移設費に比べ、管理型処分場を造成することに 実は改正前は、安定型処分場で3000 以上、管理型処分場で1000 以上が設置許可の対象でした。裏を返せば、これ以下の規模だったら、許可が要らないため、勝手に埋立が出来てしまったのです

最終処分場の再生・閉鎖・跡地利用 廃棄物処理と最終処分場

進化する最終処分場 環境省が作成した「最終処分場維持管理積立金に係る維持管理費用算定ガイドライン」(平成18年)では、焼却灰等を埋め立てた管理型最終処分場の閉鎖から廃止までの維持管理年数を18年と仮定し、総維持管理費用が試算されている 39 最終処分場の適正化方法および跡地利用に関する研究 福岡大学 平野文昭,長野修治,松藤康司,立藤綾子 エヌエス環境(株) 熊野秀明,応用地質(株) 前田伊瑞実 1.はじめに 不適正最終処分場とは「一般廃棄物の. 一般廃棄物の最終処分場及び産業廃棄物の最終処分場 に係る技術上の基準を定める省令(昭和52 年3 月14 日 総理府・厚生省令第1 号)の中で、管理型最終処分場から の発生ガスは、保有水水質や温度とともに廃止基準とし 最終処分場の跡地利用について 最終処分場の跡地利用については、埋立終了後からある程度の土地利用がみられる。 他自治体等における跡地利用の事例として、以下のようなものが挙げられる。 (1) 暫定利用(埋立終了から廃止まで ⅰ.『管理型最終処分場に埋め立て処分できる産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物に含まれるカドミウムの基準』 廃棄物の種類 改正前 改正後 燃え殻若しくはばいじん又は燃え殻若しくはばいじんを処分するために処理したもの(判定.

最終処分場 - Wikipedi

第5 最終処分場の維持管理基準 第5 最終処分場の維持管理基準 18 廃止の基準 18 廃止の基準 (2)安定型最終処分場の基準 (2)安定型最終処分場の基準 イ 廃止の確認申請の直前に行った、浸透水採取設備により採取した浸透水の水質. 埋立処分終了後の 維持管理 青森県産業廃棄物最終処分場の維持管理に係る指針に沿って、以 下の管理を行います。 ア 点検を目視等により月1回以上行うほか、台風、大雨直後等 についても必ず点検を行います。点検の結果、異 産業廃棄物最終処分場廃止確認申請書 添付書類一覧 (施行規則第12条の11の2第2項各号) 適用される 処分場の種類 番 書類の名称 号 遮断 型 管 理 型 安 定 型 書類の作成要領 1 遮 管 安 当該最終処分場の現状を明らかにする平面図、立面図、断面図及び構造 最終処分場の種類 z 安定型処分場 z 管理型処分場 z 遮断型処分場 大気 水 土壌 1.4 最終処分場の環境影響 1.5 調査の目的 z最終処分場の評価指標の検討 z評価の視点 -安定性、安全性、資源性 2.1 調査対象の最終 処分場 2.2.

最終処分場の維持管理の技術上の基準との適合性を示した比較表(3/4) 技術上の基準 本 事 業 第十二号 前項第五号二ただし書に規定する埋立 地については、埋立地に雨水が入らないよ うに必要な措置を講ずること。 附則第二条第七項により、平成十 最終処分場は、埋め立てる廃棄物の種類と施設の構造によって「安定型」「管理型」「遮断型」の3つに分類されます。 県内の最終処分場は、主に安定型の施設で、雨水にさらされてもほとんど変化しないがれき類、ガラスくずなどを処分しています )の規定に基づき行われた既存管理型最終処分場の廃止に係る水質検査の結果のうち旧令別表第一ふつ素含有量に係るものについては、この省令の施行後は、新令第二条第三項第三号の規定によりその例によることとされた新令第一条 産業廃棄物の埋立処分(管理型最終処分場)判定基準. 番号. 金属等の名称. 汚泥 第13号廃棄物. 指定下水汚泥. (特別管理産業廃棄物を除く). 燃え殻 ばいじん. 鉱さい. 溶出試験 旧最終処分場も引き続き最終処分場として同じ目的にて利用するため、 廃掃法(廃棄物の処理ならびに清掃に関する法律。昭和45年施行。)上の 課題は発生しない。 一方、埋立物の他県搬出、あるいは中間処理後の対象物の輸送

管理型最終処分場とは? 管理型最終処分場は、遮断型最終処分場でしか処分できない廃棄物以外の廃棄物の埋め立て処分を行うことができます。 管理型最終処分場ではあらゆる廃棄物が処分されることとなり、動植物性残さやふん尿、死体による腐食や分解、金属の溶出などによる汚濁物質を. 一般廃棄物最終処分場と産業廃棄物の管理型最終処分場のような最終処分場は、法で定められた廃止基準を満たさなければ廃止できない。そのため、浸出水処理施設を長期間運転しなければならない

最終処分場(さいしゅうしょぶんじょう、英: final landfill site )とは、廃棄物(ごみ)を埋め立てて最終的に処分する施設のこと。 燃やしたごみの焼却灰 [1] や不要品のうちリユース(再利用)、リサイクル(再資源化、サーマルリサイクルを含む)が困難なものを処分するための施設のこと ・管理型最終処分場数 1,100 (対前年 1減) 2.産業廃棄物処理業の許可の状況(平成11年4月1日現在) 廃止施設数 中間処理施設 13,894(14,625) 939 150 1,670 汚泥の脱水施設 6,655( 6,653) 373 28 371 汚泥の乾燥 15.

管理型最終処分場の特徴 管理型最終処分場では様々な種類の廃棄物の処理を行う。そのため、廃棄物に含まれる水の処理や、廃棄物が地中で分解されて発生するメタンガスの処理を行う必要がある。管理型最終処分場では、排水を適 一般廃棄物処分場及び産業廃棄物処分場を管理する際、埋立開始前、埋立開始後、処分終了後には、以下の水質検査などを行わなくてはなりません(水質基準に係る事項のみ抜粋しました)。埋め立てられた廃棄物の種類、数量及び最終処分場の維持管理に当たって行った点検、検査その他の. .管理型最終処分場 すべてのもの イ以外の産業廃棄物 注1)*放流を目的とするものを除く。 注2)生産工程の一連のものとみなされるものについては対象外(例:汚泥の脱水施設、木くずボイラー等).

この指針の対象となる最終処分場は、法施行令第7条第14 号イ、ロ及びハに掲げる最終処分 場(以下、それぞれ「遮断型最終処分場」、「安定型最終処分場」及び「管理型最終処分場」とい う。)とする。 Ⅱ 構造に関する指 ミニ処分場等)を始めとする最終処分場に係る埋立処分基準等に関する規定が平成17年 4月1日から施行されることとなっている。 ついては、下記の事項に留意の上、その運用に当たり遺漏なきを期するとともに、貴 維持管理基準等への対応状況(管理型最終処分場) 別記様式50-1-2 16 維持管理基準等への対応状況(産業廃棄物焼却施設(ガス化改質・電気炉以外)) 別記様式50-1-3 17 災害防止のための計画 別記様式50-2 1

八丈島一般廃棄物管理型処分場 維持管理計画書 搬入管理 搬入時に計量器により、計量測定管理及び記録を行う。 浸出水等管理 ・埋立中及び埋立完了後の水質の管理は日常点検、定期的な水質検査等を行う。 ・日常点検及び法に定められる検査を行う 株式会社 矢敷環境保全 管理型最終処分場(ミニ処分場) 長崎市琴海戸根町2949番地1 株式会社 矢敷環境保全 長崎県大村市富の原二丁目921番地 平成30年1月23日 平成30年2月8日 公示文章 平面図1. 平面図2. 整-R1-1 三菱重工 特別管理産業廃棄物を中間処理、最終処分すること。. 建設工事に伴って発生する産業廃棄物は、工事発注者から工事を請け負った元請業者が排出事業者となり、適正に処理する責任があります。. したがって、工事を下請業者が行なうときでも、その廃棄物.

最終処分場の跡地をどう再利用していくのか 聞いた事ある

熊本県公共関与管理型最終処分場 エコアくまもと 企業者: 公益財団法人 熊本県環境整備事業団 所在地: 熊本県玉名郡南関町 工期: 2013年7月~2015年10月 施設規模: 埋立面積 31,121m 2 埋立容量 423,395m 3 浸出水処理. 大島一般廃棄物管理型処分場 維持管理計画書 搬入管理 搬入時に計量器により、計量測定管理及び記録を行う。 浸出水等管理 ・埋立中及び埋立完了後の水質の管理は日常点検、定期的な水質検査等を行う。 ・緊急時は生活環境上影響の無いように適切な措置を行う なお作成した記録は当該最終処分場の廃止までの間、保存する。 ①閲覧場所 ニセコ環境株式会社峠下リサイクルセンター管理棟事務室 ②閲覧時間 9時から17時まで(日曜日及び祝日は除く 1.最終処分場の維持管理 (1)維持管理の流れ 本計画最終処分場の維持管理は、関係法令に基づき下図に示すような流れで実施され、 維持管理結果の記録は生活環境の保全上利害関係を有する者の求めに応じ、閲覧させ

最終処分場の埋立処分が終了し、施設の閉鎖後に、処分場跡地を別の用途に利用すること。3 安定型最終処分場 アンテイガタサイシュウショ ブンジョウ 安定型産業廃棄物のみを埋立処分できる最終処分場。安定型産業廃棄物を参照。 廃棄物最終処分場の建設・維持管理技 術は内陸処分場を中心として開発されて きており、海面処分場の特徴に必ずしも 適応したものではない。このため、平成 12年には海面廃棄物処分場(管理型廃 物埋立護岸)の特徴に適応した技術 2 平成二十五年十一月三十日までの間における既存一般廃棄物最終処分場及び既存管理型最終処分場に係る廃止の技術上の基準(新令別表第一の一・四―ジオキサンの項に係るものに限る。 以下同じ。)については、新令第一条第三項第六号(新令第二条第三項第三号の規定によりその例による.

廃棄物の墓場、埋立施設の3類型「安定型・管理型・遮断型

7 最終処分場の機能検査は、最終処分場の施設や設備が経年的にその機能を健全に 果たしているかを第ㄤ者の立場で検査し、維持管理に発生しているトラブルを未然 に鋊止するもので、資格を有した専銛の機能検査者が行います 新たな管理型産業廃棄物最終処分場の建設についての質疑応答(Q&A)集 <その2:アンケートや現地調査結果の説明会でいただいたご質問等への回答> 県では、本年5月中旬から8月中旬にかけまして、最終候補地として選定され ハ 管理型最終処分場 すべて 脱炭素社会の構築に向けた廃棄物処理施設の整備等に対する支援について 環境省や公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団等では、脱炭素社会の構築や環境負荷低減のために、省CO₂型等の高度. 埋立処分の基準 金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令の一部改正 ・最終処分場に埋立て処分できる基準は以下の表のとおり変更となりました。 (1)管理型最終処分場に埋立て処分できる産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物に含まれるトリクロロエチレンの基 処分場 航空写真 平成30年10月撮影 (赤線内が箕島処分場) ※クリックすると大きな 画像になります 処分場の 施設の種類 管理型産業廃棄物最終処分場 一般廃棄物最終処分場 安定型産業廃棄物処分場 埋立品目 汚泥,燃え殻,鉱さい

最終処分及び浸出水処理 - 環境技術解説|環境展望台:国立

(2)一般廃棄物最終処分場、管理型最終処分場 埋立地の内部が十分に安定化していると認められること(保有水等の水質検査、ガスの測定、埋立地内部の温度の測定) 土砂等により開口部が閉鎖されていること (3)遮断 (4) 現に最終処分場が周辺地域の生泺環境に及ぼす影響による生泺保全上の支障が生じ ていないこと。 2 管理型埋立処分場 (1) 終了届が提出された後,2年以上経過していること。 (2) 開口部の閉鎖及び廃棄物の飛散・泿出防 管理型最終処分場の廃止基準に関する考察(5) Study on the standards of discontinuance for the controlled landfill sites (5) 長森 正尚 Nagamori Masanao. 埼玉県環境科学国際センター Center for Environmental Science in Saitama. 山田 正人 Yamada Masato. (独)国立環境研究所 National Institute for. 管理型最終処分場における導水管等の凍結による破損防止措置(最終処分場) 14 Ⅲ 廃棄物処理業の優良化の推進等 16. 優良産廃処理業者認定制度の創設 15 17. 産業廃棄物処理業等の許可における欠格要件の見直し. 管理型産業廃棄物最終処分場:遮水層又は擁壁若しくはえん堤 安定型産業廃棄物最終処分場:擁壁又はえん堤 ⑤処理施設の構造・設備に係る変更であって、当該変更に伴う排ガス・放流水の水質の

埋めた後も土壌や水質の管理は厳しく行い、環境保全に努めています。 山口県環境保全事業団設置の最終処分場について 処分場の施設紹介 > 平成20年に運用開始した県内初の公共関与の処分場 事業団が設置し、民間企業に管理運営. - 遮断型・管理型・安定型の設定 - 有害判定基準 - 処分基準① • 1976 国庫補助開始 • 1977 共 命令②共同命令②(最終処分場指針) • 1988 「廃棄物最終処分場 指針解説 」③ 発刊 (前年に,指針が改訂) 29 ①処分基準(197

研究者に聞く!!|環境儀 No

管理型最終処分場 遮断型最終処分場 最近の投稿 日本産業廃棄物処理振興センターとは 複合的な産業廃棄物の種類別判断 近代のごみ処理の基礎となった汚物掃除法 ゴミ処理場の歴史-関西でいち早く進んだ焼却炉建設 株式会社茨 風評ではなく蓋然性の問題. 養鶏場の存続か、最終処分場の設置か、それとも・・・ の続報です。. 兵庫県三木市吉川町新田の北谷川最上流部で計画されている産業廃棄物最終処分場の建設をめぐり、三木市会の総務建設常任委員会は18日、同町新田の市道を. 産業廃棄物最終処分場の跡地について 本市では、市内の廃棄物最終処分場の跡地における土地利用について、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下『法』という。)」及び「最終処分場跡地形質変更に係る施行ガイドライン(以下『ガイドライン』という -1-大平興産株式会社管理型最終処分場に係る説明会議事録 実 施 日 平成18年8月1日 時間 19:00~21:00 会 場 富津市立環小学校体育館 対 象 者 峰上地区住民 参 加 者 135名 19:00~19:30 大野環境対策 そして、「最終処分」をするためには最終処分場が必要となります。 この最終処分場には、埋め立て処分される廃棄物の環境に与える影響の度合いによって、「 安定型 」「 管理型 」「 遮断型 」の3つの種類があり、それぞれ必要な処分場の構造や埋め立て可能な廃棄物に違いが出てきます

廃棄物処分における安定化と汚染の評価のための 指標に関する

一般廃棄物最終処分場及び管理型最終処分場の廃止時には、保有水等の水質検査を2年以上にわたり行うことが必要であるが、改正省令の施行前に行われた水質検査の結果については、改正前の基準省令の排水基準等に適合 1.制度の趣旨 最終処分場は、埋立終了後も浸出液の処理等の維持管理を長期間にわたり継続して行わなければなりません。しかしながら、一部の最終処分場において設置者が倒産等により不在になり、その結果最終処分場の維持管理が行われないという事態が生じています (最終処分場の廃止後の管理) 第5条 乙は、法第15条の2の6第3項において準用する法第9条第5項の規定による最終 処分場の廃止の確認を受けるに当たっては、あらかじめ甲に報告するものとする 棄物の暷終処分場を立地しようとする場合は、地下水や表泴水等の水環境の影響に ついて検討を行い十分に配慮すること。暬に、一般廃棄物の暷終処分場又は管理型 暷終処分場(政令第7曵第14号のデに規定する暷終処分場をい 別記様式50-1(最終処分場用) (第1面) 維持管理に関する計画書 施 設 の 維 持 管 理 方 治 産業廃棄片の 受入れ方治 1.産業廃棄片の受入れ方治は、維持管理計画書(P-7)のとおり 施設操業時の 維持管理方

該最終処分場の廃止までの間、保存するこ と。 埋め立てられた産業廃棄物の種類及び数量、 最終処分場の維持管理に当たって行った点 検、検査その他の措置を記録し、当該最終処 分場の廃止までの間、保存します。尚、石綿 省令第. 施設分類 管理型(オープン型)一般廃棄物最終処分場 埋立品目 焼却残さ(焼却灰、飛灰)、不燃焼残さ 埋立規模 面積 28,570平方メートル 容量 302,000立方メートル(約36.7万トン) 埋立方式 サンドイッチ方式+セ

最終処分場は埋立開始から埋立が終了した後も、 寄稿:最終処分場への取り組み① 最終処分場のプロ集団化を目指して ―好気性領域拡大型準好気性埋立と維持管理― 福岡大学環境保全センター 教授 柳瀬 龍二 図1 管理型 従来型および固化埋立型最終処分場について、それぞれの建設、埋立中維持管理および埋立終了後維持管理のコスト を算出し、建設から廃止までのライフサイクルコストについて比較検討を行う。3.1 検討条件 (1)施設建設 安定型最終処分場設置者及び管理型最終処分場設置者 ただし、国又は地方公共団体が設置する最終処分場、国又は地方公共団体が廃止までの間維持管理を行う最終処分場の設置者は除きます。 報告の期限 毎年10月31日ま 3 ②一般的なオープン型処分場とクローズド型処分場の特徴 覆蓋の型 メリット デメリット オープン型 全国的に施設が多く,建設や維 持管理に関する技術の蓄積があ る。 大規模な最終処分場の建設が可能 である